大麦若葉の青汁

大麦が穂をつける前の若い葉のことで、ビタミン・ミネラル・食物繊維に富んでいます。文字通り麦の葉ですので野菜的な食べ方をすることが難しいのですが、味としては美味しいです。

カリウム・マグネシウム・カルシウム・鉄などのミネラル類とクロロフィルを多く含んでビタミンB1・C・カロテンに優れており、カルシウムの含有量は牛乳の3倍もあります。生活習慣病やガンに結び付くと言われる活性酸素を抑える抗酸化酸素SODを多く含み、イソビテキシンと呼ばれる抗酸化作用の期待できる成分も含んでいます。自律神経を整えるのにも良さそうです。

おおむね好評なのが味で、ケールのような青臭さや明日葉のような苦味がなく、やや渋い濃いめの抹茶といった雰囲気の味が人気なのだそうです。この特徴から、他の野菜がベースに使われていても、風味を良くするためにあえて大麦若葉をブレンドする商品もあるそうです。

野菜として食べられることのないものなので、食べようと思えば青汁だけが唯一の接種方法です。味が良いので始めやすく続けやすい商品が多く、青汁の入門として人気が高いようです。