毛抜きでのムダ毛処理とポイント

中学、高校時代のムダ毛処理といったら毛抜きを使う処理でした。お金もなく、お金がもしあったところで脱毛サロンには18歳未満ということもあり気軽にはいけません。でも、ムダ毛自体は大人並みにあり、思春期なので相当気になってしまうという時期です。

友人とのムダ毛処理談義でも毛抜きは抜きん出ていましたが、とにかく痛みとの戦いなのがまず第一です。次第に慣れるという点もありますが、慣れたところで痛いものは痛いです。覚悟をしていても毛抜きで毛を抜くと想定以上に痛い時もありました。

また、痛みと同じくらい難点だと思うのはすぐに赤くなってしまったり炎症を起こしてしまうことだと思います。私もよく毛抜きで毛を抜いては赤く炎症させてしまうということを続けていました。

しかしながら、痛みに打ち勝ちしっかりと1本1本抜いていくとムダ毛が根本からしっかりなくなって触り心地の良い滑らかな肌になるのも確かでした。

毛抜きでムダ毛処理をするコツは、いかに痛みを少なくするかということと炎症を抑えるかということです。痛みを最小限に抑えるべく、処理したい部分を事前に温めて毛穴をしっかり開くことが大切です。また、炎症を抑えるために毛抜き処理はスピーディーに行った上で氷等でしっかり冷やすことがポイントになります。

こうしてポイントを抑えれば割と綺麗にムダ毛処理は出来ますが、忍耐と苦労があるのは間違いないです。長期的に脱毛を考えるならやはり脱毛サロンでの脱毛がおすすめです。